初彼岸について

初彼岸とは、人が亡くなって四十九日が過ぎた後、初めて迎えるお彼岸のことを言います。四十九日が明ける前にお彼岸を迎えたとしても、一般的には初彼岸とは言いません。あくまでも四十九日の後ということですので、亡くなった時期によっては初彼岸は翌年になるということもあります。お彼岸は春と秋、二回あるのですが、3月の春分の日と9月の秋分の日を中心にして前後3日間をお彼岸と呼んでいるのです。
つまり、お彼岸はそれぞれ7日間ということになります。お彼岸の始まりを「彼岸の入り」として、春分の日と秋分の日を「中日(なかび、ちゅうにち)」、そしてお彼岸の最終日を「彼岸明け」と呼びます。今年の彼岸は3月18日~3月24日です。
初彼岸について特別に何かをしなければならないという決まりはありません。お墓参りをしたりお供えをしたりということで十分です。お供え物として適しているのは、果物やお菓子、お線香などがいいとされています。家族の人数が少ない場合などは、すぐに食べきれないケースも多いので日持ちのするものを選ぶといいでしょう。
初彼岸のお返しは不要という考え方もありますが、今後の付き合いなども考えてお返しをしておくという場合も多くあります。その場合には、香典やお供え物の三分の一程度の金額でお返しするようにしましょう。セレモあらいでは、お返し物のカタログをご用意しております。その他、わからない事やご注文などお気軽にご連絡ください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

スタッフ募集のお知らせ

最近、気温の変化が激しいですね・・・早く過ごしやすい季節になってほしいものです。個人的には3月が好きです(笑)
話は変わりますが、葬儀の受付・配膳の仕事に興味がある方はいらっしゃいませんか?
受付・配膳スタッフを募集しております。仕事内容など質問だけでも結構ですのでお気軽にお電話ください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

直葬について

直葬は、通夜式・告別式を行わず、納棺後すぐに火葬することです。
事前相談にいらっしゃる方の多くは、「残された家族に負担をかけたくない」、「兄弟・甥・姪に面倒をかけたくない」なかには、「葬儀をしなくていいから」というお話も伺いました。弊社の葬儀ディレクターから話を聞くと、直葬は『限られた時間しかないし、火葬場での故人との対面もわずかで寂しい感じがします』と言う意見が多かったです。
葬儀は親族や地域の習慣によってやり方は様々です。
以前、住職から聞いた話が、最近観たドラマのワンシーンにもありました。「人は二度死ぬ。一度目は医学的に死亡診断書が出た時。二度目は生前、親交があった方の記憶から消えてしまった時」と。お葬式はただ送るだけの式ではなく、故人との想い出を記憶に留めるという意味があるような気がします。
人生の最後、どのように送るかは送る方々がよく考えておくべきだと思います。
直葬をお考えの方で迷いがあれば、通常の葬儀や、お別れ会をご案内致します。
お気軽にお問い合わせください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

葬儀以外のネタも更新します。

大寒を迎えましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?インフルエンザも流行しておりますので、手洗い・うがいをしてマスクを着用し、部屋の換気を定期的にして予防をしましょう。あちこちのイルミネーションは終了しておりますが、太田市役所のイルミネーションは1月26日(土曜日)までとなっております。まだご覧になっていない方は是非 足を運んで見てください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

事前相談について

万一の時からご葬儀までの短い時間に、葬儀の日程・場所・内容・費用などさまざまな事柄を決定するのは、精神的にも肉体的にもご家族に負担がかかるものです。雑事や段取りが多くて、大切な方をお見送りするのに集中できず、あとになって後悔された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのときになって困らないように、葬儀について事前に検討し、決めておく。そうすることで、大切な方を余裕をもって見送れますし、慌てて適当に葬儀内容を決めて、あとで請求額に驚くなどといったことも避けることができます。もしもの時のために事前に相談するのは、間違いなくご家族にとってプラスなのです。
当社では、24時間365日対応の相談窓口をいくつか設おりますので、お客様のご都合に合わせてご相談いただければと思います。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

「寒中見舞い」ご存知ですか?

厳寒期に近況報告を兼ねて出す季節の挨拶状のことを、寒中見舞いといいます。故人宛に届いた年賀状に対する返礼、喪中の方へのご挨拶や、喪中欠礼をお伝えするときにも送られます。その他、相手が喪中とは知らずに年賀状を出してしまった場合のお詫びにも活用されています。
喪中で年賀状を出せなかった年には、かわりに寒中見舞いを出して年頭のご挨拶をしましょう。ただし、文面には賀詞を使わないよう注意をして下さい。『年賀』は『年始』と表記し、『おめでとう』や『寿』などの言葉も避けます。イラストや写真なども使わないようにしましょう。喪中はがきを出していなかった場合には、連絡が遅れたお詫びも忘れずに。

●寒中見舞いを出す時期
・寒中見舞い1月8日(松の内を過ぎた後)頃~2月4日(立春)頃まで
・余寒見舞い2月4日頃~2月下旬(寒さが続く間)頃まで
※北海道など寒さが長い地域では、3月を過ぎても余寒見舞いが送られることがあるようです。
寒中見舞いはこの期間に出すようにしましょう。都合により年賀状を出せなかった相手から年賀状を頂いたときにも、寒中見舞いとして挨拶状を出すことができます。

セレモあらいでは寒中見舞いのご注文の受付も行っております。喪中で年賀状の返信にお困りの方などいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

葬儀場について

ご家族のお住まいやご希望に合わせて、最適な葬儀場をご提案します.
「セレモあらい」は、ご依頼いただいたあと、最適な葬儀場をご案内させていただいております。自社斎場のほかにも、公営斎場・集会所・寺院・ご自宅などさまざまな場所でのご葬儀に対応しております。群馬県太田市を中心に、大泉町・館林市・伊勢崎市・桐生市・埼玉県熊谷市でのお葬式を承ります。
太田市ですと「セレモ斎苑カイラス」群馬県太田市西新町113-4
      「セレモ斎苑エトワール」群馬県太田市浜町28-35  
      「太田市斎場」群馬県太田市浜町66-52 がございます。
式場の詳細はご連絡いただければスタッフが24時間ご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

謹賀新年

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
これからも色々な情報をブログでお届けしていきますので是非ご覧ください。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

ペット用 仏壇・位牌

ペット事業部からお知らせです。
以前からペット用モニュメントを販売しておりましたが、かわいくて置き場所も困らない、そんなお手軽なものはないか?等の声にお応えできるものでペット用の仏壇や位牌の販売を始めました。ホームページのペット用モニュメント詳細のページにご紹介している物以外もカタログに多数ございますので、興味のある方は是非一度お問合せください。もしも、ペットちゃんがお亡くなりになった場合の火葬のご相談やご質問などもいつでもお気軽にご連絡ください。
今年も残るところ数時間になりましたが、皆様はどんな一年でしたか?皆様にとって良い一年をお迎えできますように。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。

会報誌「あゆみ」Vol.21

寒さも本格的になってまいりました。皆様はお風邪など引いていないでしょうか?
セレモグループ会報誌Vol.21が既に会員様のお手元届いているかと思います。ご覧になりましたか?どのページも見どころ満載ですが、私のおススメは6ページにあるセレモグループ第21回クイズです。毎回ご応募いただいている方はもちろんのこと、まだ一度も応募されていない方は是非ご応募お待ちしております。
太田斎場・家族葬のご相談は弊社へ セレモあらい 伊藤でした。